スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイのマクドナルドはちょっと値段が高い?

マクドナルドは世界中にあり、どこに行っても同じ味を提供しているのがひとつのウリだ。また、マクドナルドはその国の物価に合わせて価格を決定しているため、旅行先で安い価格で日本と同じ味を堪能できる場合もある。

しかし、その国の物価に合わせているとはいえ、気軽にマクドナルドを食べられない国もある。その国のひとつがタイやインドだ。

特にインドはマクドナルドの店頭にガードマンを必ず立たせ、身なりが貧しい感じの人を入れないようにしている(実際は危険な人を入れないという名目だろうが)。タイでは、誰でも中には入れるものの、価格が高くて普通の学生や社会人が気軽に食べられる価格ではない。

タイのマクドナルドでハンバーガーの各種セットを注文すると、価格的には100~200バーツ(約300~600円)ほどになる。タイの屋台で20~30バーツ(約60~90円)で食事できることを考えると、マクドナルドでの食事代は10倍以上の価格となる。

それゆえ、マクドナルドの店内にはタイ人の富裕層や外国人が多く、一般的な収入の人たちは、身なりから判断してもなかなか見かけない。誰もが気軽に食べられる値段になれば、世界で培われたマクドナルドの味を堪能できるのだが……。タイの経済状況を考えると、それにはまだまだ時間がかかりそうだ。


http://rocketnews24.com/
スポンサーサイト

日本語の情報をタイ語に翻訳して配信するサービス開始

日本語の日本情報を送信するだけで、タイ語に翻訳してタイの関係各社に配信するというサービス『JapanInfoDirect』が開始された。このサービスを提供している旅行代理店OTSは「日本の観光情報などをタイの旅行会社、メディア関連会社に、タイ語に翻訳して一斉に配信できる情報配信サービス」として大々的に展開していく予定のようだ。

タイから日本への訪日外国人旅客誘致(インバウンド誘致)活動を支援することを目的としており、これによりタイや東南アジア各国からの旅行者増加が期待される。

このサービスをカンタンに説明すると、たとえば「浅草寺でチョンマゲツアーを開催」というツアー企画を日本の旅行社が企画した場合。日本語でツアーの詳細を書いたとしても、それをタイに送ったところで日本語が読めないタイ人にとって意味のない情報だ。しかし、『JapanInfoDirect』に日本語の詳細情報を送信することにより、スタッフが丁寧なタイ語に翻訳。そのタイ語に訳された情報を、『JapanInfoDirect』登録している旅行会社数600社以上、メディア(TV、新聞、雑誌)等100社以上、合計700社以上(2009年5月25日現在)に配信するというもの。

英語ならまだしも、タイ語に翻訳できるルートがない。そんな旅行代理店や外国人に情報を配信したいマスコミにとって、とても便利なサービスといえるだろう。


http://rocketnews24.com/?p=10371

『ロンリープラネット タイ編』は超おすすめ!

lonly

タイに限らず、渡航先に合わせて日本語版の『ロンリープラネット』は必ず持って行きたい本。普通の観光旅行者が行かない山奥でも、こと細かく情報が掲載されている。バンコクなどの都心部に関しては、他社のガイドブックより詳細な情報が掲載されており、広告などをいっさい載せず中立的な意見が書かれている。泊まってはいけないホテルなど、ネガティブな情報ながら読者にとっては有益な情報も掲載している。また、タイの歴史や文化を詳しく書いているので、読み物としても非常にすばらしいものとなっている。『ロンリープラネットタイ』に関して言えば、2003年11月に日本版の初版が発行されたのだが、2008年に内容を新たにして発行された。しかし、情報が古いとはいえ 2003年版のほうが充実した内容になっている印象を受けた。

ロンリープラネットの自由旅行ガイド「タイ」 (ロンリープラネットの自由旅行ガイド)

ラーメン屋なのに店名が『パンちゃん』

sany0054.jpg


タイの首都・バンコクに、店名が『パンちゃん』なのにラーメン屋を営業している店があるという。この店は日本の料理を食べることができる食堂で、ラーメンや餃子、その他いろいろな日本式の料理を食べることができる(ラーメンも餃子も本来は中華だが、味が日本式なので日本の料理として書かせていただく)。

看板もメニューも日本語で書かれており、店頭には大きく『パンちゃんラーメン』という看板さえ出ており、話によると、『パンちゃん』のパンは、フランスパンや食パンなどのパンを意味しているという。やっぱり、ラーメン屋なのに店名にパンが付くとのはおかしい……。ということで、その真相を確かめるべくタイへと行ってみた。

そしてついに真相が判明した。女店主によると、「もともとパン屋だったんですヨー。でね、ラーメン屋にしたけどやっぱりパン屋だった頃の思い出もあるし、店名はパンでもいいかなぁーって思ったんですよー」とのこと。もともとパン屋だったから『パンちゃん』だったとは……。ちなみに、味はとても美味しい。特に餃子入りラーメンはオススメだ。

元の記事を読む
タイのニュースをもっとみてみる。

人間の髪の毛を売る人毛専門店

sany0035.jpg


アデランスやアートネイチャーなど、ヘアケアやカツラのメーカーは日本にもあれど、本物の人間の髪の毛を普通に商店街で売っているところは少ない。タイのバンコクでは、この髪の毛を売っている人毛専門店が、けっこう繁盛しているのである。

続きを読む

あまりおいしくない? タイで働きたい人は注意

sany0211.jpg

[バンコク 28日 NEWS MILEAGE CX21.cc] 世界的に不況といわれている御時世だが、タイでは日本人の働き手が引っ張りだこだという。そう、タイで働きたい人はいまがチャンスなのだ。しかし、タイで働くには条件が必要だし、我慢しなくてはならない部分もでてくるのだ。

まず、日系企業だとしても給与が少ない場合があるし、日系や欧米企業でない場合はタイ人価格の給料の場合がある。もちろん、タイ語と日本語、英語が話せれば給料は優遇されるだろうが、あまり期待できない。日本と同じ給料ではないにしても、タイ人よりは高い給料。そんなところだろう。

また、悪質な会社の場合は観光ビザやビザなしの状態で働かせることがある。その場合、勤務中に何らかの事故や病気にかかった場合、正当な治療や、通常あるべきの保険の権利を受けられない場合がある。


タイのニュースはこちらをどうぞ。

金魚は棒にくくりつけて売るものです

sany0213.jpg

日本で金魚を購入する場合、ペットショップに行くか金魚すくいをするのが一般的だ。しかし、タイの首都バンコクでは、金魚を入れたビニール袋を物干し竿のような棒にくくりつけたおじさんから購入するのが一般的である。

もちろん、普通のペットショップもあるのだが、こういう金魚のおじさんから購入したほうが安いのだ。気軽に購入できるということで、多くの地域住民が購入していく。

しかし、気温が30度以上のタイにおいて、いつでもこのような販売ができるわけではない。昼間に売ると金魚が日光や気温で死んでしまうことがあるからだ。なので、金魚おじさんは夜に見かける機会が多い。


http://rocketnews24.com/?p=3171

http://rocketnews24.com/

theme : タイ
genre : 旅行

インターネットカフェ情報・タイランド

この記事では、アジア各国のインターネットカフェ情報をお伝えする。旅の情報として役立ててほしい。ちなみに海外では「インターネットカフェ」というよりも「サイバーカフェ」と伝えたほうが、相手に伝わりやすい。今回は、タイのインターネットカフェ情報をお伝えする。

続きを読む

theme : タイ
genre : 旅行

タイ人はインド料理と日本料理を割高だと思っている

200812216666.jpg

『ロケットニュース24』の調査により、タイ人はインド料理と日本料理を割高だと思っていることが判明した。これは、タイのバンコク市内で2008 年に50名の男女(タイ人)にアンケート調査をした結果で、取材班が予想していたフランス料理やイタリア料理は上位にこなかった。

この調査で、さまざまな興味深いことが判明したのでいくつか報告したいと思う。

続きを読む

基本的にレストランではあぐらをかきます


200812217777.jpg

どんなに異国の文化が流入してきたとしても、自国の文化がすべて消えてしまうことはありません。そんな例がタイにありました。タイはアジア最大のインターナショナル都市といわれており、上海や香港、東京よりも異国情緒あふれる国といわれています。

タイには欧米や日本の文化がどんどん流入し、かなり近代化されているのですが、レストランで靴を脱いであぐらをかいて食事をする人が後を絶ちません。

靴を脱いであぐらをかいて食事をするタイ人は女性に多く、レストランが洋風だろうと和風だろうと関係なしにあぐらをかきます。しかし、誰も不愉快に思いませんし、誰も注意することはないでしょう。なぜなら、それがタイ人の生活習慣であり、文化のひとつなのです。

まあ、不愉快に思う人がいるとすれば、あぐらをマナー違反と感じてしまう外国人でしょうが、タイの文化として大きな心でスルーしましょう。むしろ、そういう文化は微笑ましく思えるのですが、皆さんはどうお思いになるでしょうか?


http://rocketnews24.com/
ここから目当ての記事探してね!
「タイのまんま」とは?

Author:INTERNews編集部
「タイのまんま」はタイの(その)まんまをお届けするB級情報サイトです。地球規模のエンターテイメントニュースサイトINTERNewsから「タイ」の情報だけを抜粋し、まとめています。タイに行く方は是非ご購読くださいませ。

人気ブログランキングへ

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。