スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人・韓国人・中国人みんなマリファナ吸ってるよ INTERNews

20080209_02_01.jpg

 マリファナの聖地とも呼ばれていたタイのパンガン島。しかし2008年現在は、この島よりもタイの首都・バンコクで盛んに吸われているという。その情報をキャッチした取材班は、パンガン島からバンコクに戻る形で取材を続行した。はたして、本当にマリファナの売人がいるのだろうか? いまのところ、実際に「マリファナを買わないか?」と声をかけてくる売人や、販売しているバーのスタッフに接触することはできていない(本来ならば望まないのだが)。

>記事の続きはINTERNews本サイトをご覧ください!


スポンサーサイト

theme : タイ
genre : 旅行

島でマリファナを吸う日本人たち 麻薬特集 INTERNews

20080207_04_01.jpg

 マリファナといえば、その煙を吸引することで成分が精神に作用し、さまざまな幻覚作用を与える麻薬である。もちろん日本では使用・所持・栽培・売買など、マリファナに関わるすべてのことが法律で禁止されており、それらを破ると“少量の関与”でも“重い罪”に問われる。「中毒性はタバコよりも低い」と語る人もいるが、吸引時に与える作用はタバコと違ったものであるだけでなく、日本においてその言葉は正当性をいっさい持たない。

>記事の続きはINTERNews本サイトをご覧ください!


theme : タイ
genre : 旅行

ラリラリラ!? 麻薬で逮捕されても24万円で釈放? INTERNews

20080131_02_01.jpg

 日本での麻薬の製造、所持、使用は禁止されており、それらに該当する行為を行うと重い刑罰に処せられることは誰もがわかっていること。麻薬のひとつとして有名な大麻は、さすがに日本では見かけないものの、ロンドンのパブやタイのクラブなどでは大麻のニオイがプンプンしていることがあるという。当編集部の取材班がタイのパブで「なんか臭いな」と思っていたら、タイ人の現地コーディネーターが「このニオイは大麻ですよ。ちょっとこの店から出ましょうか」と話しかけてきたので、すぐさまパブを出た。なんでも、大麻のニオイがする店は何かと危険が多く、できるだけ近づかないほうがいいという。

>記事の続きはINTERNews本サイトをご覧ください!

theme : タイ
genre : 旅行

ここから目当ての記事探してね!
「タイのまんま」とは?

Author:INTERNews編集部
「タイのまんま」はタイの(その)まんまをお届けするB級情報サイトです。地球規模のエンターテイメントニュースサイトINTERNewsから「タイ」の情報だけを抜粋し、まとめています。タイに行く方は是非ご購読くださいませ。

人気ブログランキングへ

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。