スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日系レストラン批評】8番らーめん タイ・バンコク各店 INTERNews

20080927_01_01.jpg


日系レストランの海外支店をレビューする『日系レストラン批評』。第2回の今回は、タイの『8番らーめん』バンコク支店各店のレビューです。今回、レビューをしてくださるのは『TVチャンピオン』出場で2度の決勝戦入りで準グランプリを果たし、グルメ評論書『世にも微妙なグルメガイド』で定評のある空条海苔助氏です。

味 …… タイ人向けにアレンジされているかどうかはわからないが、日本人でも安心して味わえる料理ばかり。唐麺はスパイシーなスープのないラーメンだが、タイ料理によくあるような激辛ではなく、日本人が普通に美味しいと感じる辛さだったので美味しくいただけた。タイっぽさを付け加えたいタイ人向けなのか、テーブルには酢や砂糖などの調味料があるので、物足りないと感じた人は入れるとよい。タイのイタリアンや和食料理の店にありがちなのが、パスタや麺の“茹ですぎ” だ。とある和食大手チェーンのラーメンは茹ですぎで食べることさえままならなかったが、ここの麺はしっかりとコシがあり、のびていることは一度もなかった。

スープや具だが、ここの味は日本の一般的なラーメンショップの味であり、強烈な印象が残る味ではないものの、安心して食べることができる味である。タイでラーメンを一杯食べたいと思ったときは、間違いなく8番らーめんに行くことになりそうだ。残念だったのは、料理の量である。日本の8番らーめんもそうなのかもしれないが、男性が一食たべる量としては、いささか少なすぎだ。あと1.5倍くらいは量があってもいいのではないだろうか? だが、タイの屋台のラーメンはどこも8番ラーメンと同様に量が少なく、これはタイの食文化のひとつなのかもしれない。そう思えば量のことは許せそうだ。

接客 …… 従業員に愛想がないのはタイの飲食店では当たり前なので、8番らーめんのウェイトレスに愛想がなくても違和感は感じなかった。が、もし8番らーめんが接客の点において愛想をよくすることを教育しているのであれば、その努力はまだまだ足りないようだ。しかし従業員に下品さや適当さを感じることはなく、そつなく接客をこなしている。タイにおいて日本人がいちばん気になる清潔さだが、従業員から清潔感を感じることができたので「さすが日系企業だ」と安心した。タイの飲食店において、安心感はとても重要なポイントである。

雰囲気 …… 日本のファミリーレストランやラーメンショップと同じような雰囲気であり、明るい店内はとても清潔的だ。厨房もきれいに清掃されているようだったので、汚さを感じることはなかった。これは8番らーめんに限ったことではないが、タイ人は座敷でもないのにソファやイスにあぐらをかく。これは男性も女性も同じで、どんなイケメンでも、どんな美女でもあぐらをかく。8番らーめんには多くのタイ人たちが訪れるので、そのあぐらをかく光景を見ることができるだろう。異文化を知ることができるスポットでもあるわけだ。

>記事の続きはINTERNews本サイトをご覧ください!
スポンサーサイト

theme : タイ
genre : 旅行

ピンクの『ハロー・キティ』タクシーがお目見え INTERNews

20080915_06_01.jpg

『ハロー・キティ』といえば、老若男女問わず愛されている可愛らしいニャンコのキャラクターだが、タイの首都・バンコクに『ハロー・キティ』のタクシーが登場した。車体は全体がピンク色で、『ハロー・キティ』のキャラクターイラストと名前が貼られている。もともとタイのタクシーはレッド一色、グリーン一色、オレンジ一色など、パステル調で単色のものが多い。

このタクシーだが『ハロー・キティ』にあわせてピンクにしたのではなく、もともとピンク一色だったことから「これ『ハロー・キティ』のイメージにピッタリじゃん?」ということで『ハロー・キティ』タクシーを作ったようだ。

>記事の続きはINTERNews本サイトをご覧ください!

theme : タイ
genre : 旅行

水槽の生きた海老をブチ込んで食べる弁当 INTERNews

20080915_05_01.jpg



水槽でピョンピョン跳ねながら泳いでいる淡水の小海老たち。ミジンコのように透明な小海老たちは、水槽に舞う好物のレタスを食べながら、優雅そうに泳いでいる。しかし、彼らは観賞用の小海老ではない。お客さんがきたら網ですくわれて刺激臭のする激辛香辛料の中に放り込まれる。そしてグチャグチャにかき混ぜられて、弁当や酒のツマミとして出されるのだ。

この料理を食べることができるのは、タイの東北地方。バンコクでもごく一部で食べられるようになったが、それでも

まだ珍しい料理として認識されている。小海老たちは激辛香辛料の中でグチャグチャにかき混ぜられるも、すぐに息絶えることはない。水槽から出された苦しさと、激辛香辛料の刺激によってピョンピョン跳ねる小海老たちは、生きたまま封をされて客に出される。

そのままフタを開けると小海老たちがピョンピョン飛び跳ねて食べるどころではない。客たちは購入した弁当を食べる前にシェイクし、小海老たちを衝突死(または失神)させてからフタを開け、バリボリと食べるのだ。この料理の名は『ヤム・グン・テン』といい、激辛香辛料と野菜類をあえたタイ東北地方の家庭料理として人気がある。『ヤム・グン・テン』に淡水の小海老はかかせなく、生きたままブチ込まなくては美味しい『ヤム・グン・テン』は作れないという。


>記事の続きはINTERNews本サイトをご覧ください!

theme : タイ
genre : 旅行

伝説の麻薬島・パンガン島に行こう 中編 INTERNews


20080914_10_01.jpg

かつて麻薬島と呼ばれていた微笑みの国・タイランド南部のパンガン島。この島を訪れる旅行者の目的の多くが、マリファナやコカイン、マジックマッシュルームなどの麻薬を楽しむためだったため、そのように呼ばれていたこともあった。しかし、いまは麻薬よりも注目を浴びる、魅惑のイベントが毎月のように開催されている。パンガン島を訪れる旅行者の大半は、麻薬よりもこのイベントに参加するべくパンガン島を訪れるのだ。今回は、パンガン島の魅力に迫りたい。パンガン島への行き方は、この記事の前編をお読みいただきたい。

パンガン島には、フルムーンパーティ目当てで訪れる観光客が多い。満月は月に1~2度あり、そのたびにフルムーンパーティが行われるので、開催地となっているパンガン島でもっとも美しく過ごしやすい浜辺・リンビーチ周辺は、朝まで音楽(騒音?)が鳴り止まない。よって、リンビーチ周辺に止まったら最後、朝まで叫び声と大音量の音楽に悩まされることになる。とはいえ、その音こそ、心地よいフルムーンパーティの音色と考える人も多くいる。

また、フルムーンパーティは通常の5倍ほどの露店がリンビーチ周辺に設置される。どんなに観光客がいなくてもけっこうな数のレストランや露店が営業しているリンビーチだが、金欠にならない限り、フルムーンパーティの夜に空腹で困ることはない。取材班がイチオシする露店は、リンビーチのメイン十字路にある『MR.K CHICKEN CORNER』だ。この店のチキンレッグ(鳥もも肉の炭火焼)は、たった40バーツ(120円)で格別の味を堪能することができる。

満腹になり、酒が入ってくると踊りたくなるものだ。フルムーンパーティは、参加者に酔いが入ったころにピークを迎える。悲しいことだが、酔った勢いでビーチで泳ぎ、溺死する者がいる。そのような事故に遭ってしまうのは麻薬を吸引して踊っている者に多い。美しいビーチでやるからこそ楽しいフルムーンパーティだが、いまだ消えない麻薬の影が人の命をなきものにするのは悲しいことである。また、麻薬や飲酒によって朦朧(もうろう)としたドライバーによるレンタルバイク事故も多く、死亡者や重体者が後を絶たない。パンガン島には急な坂道が多く、正気で運転をしていても事故に遭いやすいため、松葉杖をついた旅行者を多く見かける。


>記事の続きはINTERNews本サイトをご覧ください!

theme : タイ
genre : 旅行

伝説の麻薬島・パンガン島に行こう 前編 INTERNews

20080914_09_01.jpg

微笑みの国・タイランドには、かつて麻薬島と呼ばれていた島がある。その島の名はパンガン島といい、タイ語では“コパンガン”と呼ばれている(コとはタイ語で島という意味)。このパンガン島は欧米人パックパッカー御用達の島として有名で、麻薬を求める旅行者たちでにぎわった。しかしそれは過去のことで、1990年代後半からは取締りが強化され、麻薬を堪能する旅行者が激減。マリファナやハシシ、マジックマッシュルームなどの麻薬が用意に手に入った頃と観光客の客層も変化し、最近は家族連れまで訪れるようになった。なによりも、ビーチの美しさは言葉で表現ができないほど素晴らしい。特にパンガン島のリンビーチは、アジアのなかでも3本の指に入る素晴らしさだろう。今回は、このパンガン島への行き方と、その素晴らしき魅力を前編、中編、後編としてお伝えしたいと思う。

『麻薬島と呼ばれていた伝説の時代は過ぎ去り、いまパンガン島に観光客を惹きつける“魅力”はフルムーンパーティーだ。これは満月の夜にのみ行われるレイブパーティーで、リンビーチの浜辺で数万人の観光客が酒を楽しみ、食事に舌鼓を打ち、ミュージックに酔いしれ、思うがままに身を委ねてレイブする。

『そんな島は、タイの首都・バンコクからさまざまな方法で行くことができる。旅行代理店では、パンガン行きのジョイントチケットを用意している。ジョイントチケットとは、タクシーやバス、鉄道、船などのチケットがひとまとめになった便利なチケットのことをいう。以下の解説文で「各ホテル」が出発地になっているときは、タクシーが迎えに来てくれることを意味する。次に乗り換えるべきバスや客船のある場所まで運んでくれるのだ。

>記事の続きはINTERNews本サイトをご覧ください!


theme : タイ
genre : 旅行

タイの風俗産業は日本人のエロオヤジが支えている INTERNews

20080909_09_01.jpg

タイの風俗産業経済を支えるほど、タイには多くの日本人向け風俗が存在している。タイに出張に行ったり、慰安旅行に行ったり、はたまた売春旅行に行ったオヤジたちが、そのようなタイ風俗に通うのである。タイの風俗店は日本の三分の一以下の金額で楽しめるということで、気軽に行けるのが魅力的なのだとか。しかし、恋人や奥さんがいるオヤジたちが自分の娘ほどの年齢の女性をお持ち帰りしてエッチしている実情を考えると、首をかしげずにはいられない。

タイには、いくつかの風俗ジャンルが存在する。日本人のオヤジに人気なのが、日本人向けクラブや、マッサージパーラーだ。日本人向けクラブはバンコクの日本人街といわれているタニヤ通りに多く存在し、タニヤ通りに行けば自分の娘や孫娘と同じくらいの年齢の女性をお持ち帰りしているオヤジたちを見学することができる。

日本人向けクラブで働いているのはタイ人やラオス人の女性だが、日本語を話せる女性が多く、タイ語を話せないオヤジたちでも問題なく口説くことが可能だという。それぞれの風俗店のシステムは以下の通りである。


>記事の続きはINTERNews本サイトをご覧ください!


theme : タイ
genre : 旅行

お坊さんがインターネットにハマって国家問題に


20080909_04_01.jpg

インターネットは使えば使うほど、生活に便利なツールであることがわかってくる。インターネットは一定の金額さえ払えば誰でも使えるものだが、タイでは、国民的に“あまり使ってほしくない”と考える人たちがインターネットにハマりすぎて、国家レベルの問題になっている。


タイの国民がインターネットを“あまり使ってほしくない”と思っている人たちとは、お坊さんたちだ。タイにおいてお坊さんは徳の高い人たちであり、仏陀に近づくべく修行をしている身である。また、タイ国民はアジア周辺諸国よりもかなり信心深い人々であり、インターネットにうつつをぬかしているお坊さんを快く思っていないのだ。

それにしても、どうして国家レベルでの問題に発展しているのか? それは、インターネットやパソコンゲームにハマってしまうお坊さんが多すぎて、パソコン関連のショッピングセンターが、お坊さんだらけになっているからである。

タイの秋葉原と呼ばれている『パンティッププラザ』(通称:パンティ)では、お坊さんの姿を見かけない日はない。お坊さんたちがパソコンのボックスや冷却装置、外付けハードディスク、高性能ビデオボードなどを購入している姿は、かなり異様である。


>記事の続きはINTERNews本サイトをご覧ください!


theme : タイ
genre : 旅行

どこよりも安く航空券を手に入れる方法【海外旅行特集】

20080908_15_01.jpg


夏休み、冬休み、正月、春休み、ゴールデンウイーク、そしてお盆! 日本って他国に比べてけっこう連休がありますよね。それだけ海外旅行に行く機会も増えるというものです(お盆はお墓参りに行ってほしいものですが……)。でも、海外旅行に行くときのいちばんのネックって、飛行機の運賃だと思いませんか? どうせお金を使うなら、旅先のホテルや観光に使いたいものです。ではここで、航空券を安く買う、禁断のワザを皆さんにお伝えしましょう!

日本の航空券の仕組みですが、皆さんご存知の通り、夏休みや正月などの連休になると、運賃が

普段の2~5倍に価格がグンと高騰します。さらに燃料費だの航空税だのをとられて、旅行費のほとんどが運賃に消えてしまうという人もいるはず。そのかわり、あまり旅行者のいない9月や10月などは普段の運賃より安くなります。当たり前ですが、どうせ旅行者が少ないなら、空席のまま飛ばすより安くても多く乗せたほうがいいという考えがあってのことでしょう。

でも、私たちは働いている以上、連休にしか海外に行くことができません(韓国や上海、台湾なら週末旅行もできますけどね)。でも、連休は運賃が高い! でも、でも、でも! いつ航空券を購入しても、格安運賃で購入できるワザがあるのです。それは、タイで航空券を買ってしまうというワザ! ここで「なんだ、海外に行きたいから航空券買うんだよ! タイに行く運賃はどうするんだよ!」と思うことなかれ。日本にいながらタイの航空券を購入できますし、タイに行ったついでに往復チケットを買って帰るという手もあります。

>記事の続きはINTERNews本サイトをご覧ください!

theme : タイ
genre : 旅行

1杯たったの30円ラーメンが大繁盛 INTERNews

20080908_05_01.jpg

1杯たったの30円ラーメンが大繁盛しているという。そんな値段で店主は生活していけるのか? ちょっと心配になってしまうのだが……。メニューはシンプルなもので、ラーメンと汁なしラーメンしかなく、どちらも30円。

このラーメン屋があるのは、微笑みの国・タイの首都バンコク。「海外かよ!!」と思うことなかれ。この30円ラーメンを出す『ワッタナーラーメン』は、「おれ、今日から食費を1日10バーツにしないと日本に帰れなくなるズラ~」というお金がない日本人旅行者に絶大な人気を得ているのだ。しかし、安いだけではない。信じられないほど美味しいのである。ちみなに10バーツは約30円だ。

微妙なグルメ評論家の空条海苔助氏によると「東京で美味しいといわれているタイラーメンの店は確かに味の水準は高くて美味しい。しかし、ワッタナーさんのラーメンには

かないません。東京のどの店よりも数倍は美味しいですよ。しいていえば、『ワッタナーラーメン』と互角といえる店は、ラーメンじゃないけど阿佐ヶ谷のタイ料理屋『マニリンカフェ』、タイならばバンコクの宮廷料理『マンゴツリー』くらいじゃないかな」と語る。

この『ワッタナーラーメン』はバックパッカーの聖地といわれているカオサン通りにほど近いランブトリ通りの路地にある。それゆえ、はじめてタイにやってきたという旅行者がこの店を見つけるのは至難の業である。

また、『ワッタナーラーメン』は10バーツという低価格と味に定評があることから、すぐに麺が品切れになってしまう。つまり、まだ開店したばかりだと思っていたら、すぐに閉店してしまう。午前中に麺がなくなることは稀だが、13時になったら閉店している可能性が出てくる。よって、朝食か、ちょっと早い昼食ということで、午前11時30分ぐらいには店に到着しておきたいところ。日本のラーメン屋のように行列になることはないので、そこは安心していい。


>記事の続きはINTERNews本サイトをご覧ください!

theme : タイ
genre : 旅行

ここから目当ての記事探してね!
「タイのまんま」とは?

INTERNews編集部

Author:INTERNews編集部
「タイのまんま」はタイの(その)まんまをお届けするB級情報サイトです。地球規模のエンターテイメントニュースサイトINTERNewsから「タイ」の情報だけを抜粋し、まとめています。タイに行く方は是非ご購読くださいませ。

人気ブログランキングへ

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。