スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本的にレストランではあぐらをかきます


200812217777.jpg

どんなに異国の文化が流入してきたとしても、自国の文化がすべて消えてしまうことはありません。そんな例がタイにありました。タイはアジア最大のインターナショナル都市といわれており、上海や香港、東京よりも異国情緒あふれる国といわれています。

タイには欧米や日本の文化がどんどん流入し、かなり近代化されているのですが、レストランで靴を脱いであぐらをかいて食事をする人が後を絶ちません。

靴を脱いであぐらをかいて食事をするタイ人は女性に多く、レストランが洋風だろうと和風だろうと関係なしにあぐらをかきます。しかし、誰も不愉快に思いませんし、誰も注意することはないでしょう。なぜなら、それがタイ人の生活習慣であり、文化のひとつなのです。

まあ、不愉快に思う人がいるとすれば、あぐらをマナー違反と感じてしまう外国人でしょうが、タイの文化として大きな心でスルーしましょう。むしろ、そういう文化は微笑ましく思えるのですが、皆さんはどうお思いになるでしょうか?


http://rocketnews24.com/
スポンサーサイト

美味しいのに美味しくない(タイ)

8a7f68ed.jpg

タイには『OISHI』(おいしい)グループという外食チェーン企業があります。寿司やラーメン、しゃぶしゃぶなどの和食をタイ人向けに提供しているですが、ちょっと言いにくいのですが……、あまり美味しくないと評判なのです。しかし、お店は大盛況。いったいどうしてこんなことが起きているのでしょうか? その理由はシンプルで、タイ人にとって『OISHI』グループの料理は美味しくてコストパフォーマンスがバツグンなのですが、日本人や欧米人にとって、マズイ以外の何物でもないのです。確かに日本人からすれば「こんなのなんで店に出せるの?」と、食材にちょっと難アリなところがあるのは事実です。しかし、そのまずさは誤解からきているものが大きいです。それは、『OISHI』グループが和食として飲食店を展開しているという点です。たとえば『OISHI』グループの『SHABUSHI』というしゃぶしゃぶ屋は和食のように見えますが、実は日本しゃぶしゃぶとはまったく違うもので、どちらかというとタイスキなのです。和食だと持って日本人や欧米人が『SHABUSHI』に入るわけですから、まったく味も食材も違うものが出されたらショックといいますか、「ふざけんなー!!」となるのも無理はありません。「OISHIは美味しくない」とタイで言われている『OISHI』グループですが、いつか本物の和食を提供できる日がくることを願います

theme : タイ
genre : 旅行

ここから目当ての記事探してね!
「タイのまんま」とは?

Author:INTERNews編集部
「タイのまんま」はタイの(その)まんまをお届けするB級情報サイトです。地球規模のエンターテイメントニュースサイトINTERNewsから「タイ」の情報だけを抜粋し、まとめています。タイに行く方は是非ご購読くださいませ。

人気ブログランキングへ

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。