スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ロンリープラネット タイ編』は超おすすめ!

lonly

タイに限らず、渡航先に合わせて日本語版の『ロンリープラネット』は必ず持って行きたい本。普通の観光旅行者が行かない山奥でも、こと細かく情報が掲載されている。バンコクなどの都心部に関しては、他社のガイドブックより詳細な情報が掲載されており、広告などをいっさい載せず中立的な意見が書かれている。泊まってはいけないホテルなど、ネガティブな情報ながら読者にとっては有益な情報も掲載している。また、タイの歴史や文化を詳しく書いているので、読み物としても非常にすばらしいものとなっている。『ロンリープラネットタイ』に関して言えば、2003年11月に日本版の初版が発行されたのだが、2008年に内容を新たにして発行された。しかし、情報が古いとはいえ 2003年版のほうが充実した内容になっている印象を受けた。

ロンリープラネットの自由旅行ガイド「タイ」 (ロンリープラネットの自由旅行ガイド)
スポンサーサイト

ラーメン屋なのに店名が『パンちゃん』

sany0054.jpg


タイの首都・バンコクに、店名が『パンちゃん』なのにラーメン屋を営業している店があるという。この店は日本の料理を食べることができる食堂で、ラーメンや餃子、その他いろいろな日本式の料理を食べることができる(ラーメンも餃子も本来は中華だが、味が日本式なので日本の料理として書かせていただく)。

看板もメニューも日本語で書かれており、店頭には大きく『パンちゃんラーメン』という看板さえ出ており、話によると、『パンちゃん』のパンは、フランスパンや食パンなどのパンを意味しているという。やっぱり、ラーメン屋なのに店名にパンが付くとのはおかしい……。ということで、その真相を確かめるべくタイへと行ってみた。

そしてついに真相が判明した。女店主によると、「もともとパン屋だったんですヨー。でね、ラーメン屋にしたけどやっぱりパン屋だった頃の思い出もあるし、店名はパンでもいいかなぁーって思ったんですよー」とのこと。もともとパン屋だったから『パンちゃん』だったとは……。ちなみに、味はとても美味しい。特に餃子入りラーメンはオススメだ。

元の記事を読む
タイのニュースをもっとみてみる。

人間の髪の毛を売る人毛専門店

sany0035.jpg


アデランスやアートネイチャーなど、ヘアケアやカツラのメーカーは日本にもあれど、本物の人間の髪の毛を普通に商店街で売っているところは少ない。タイのバンコクでは、この髪の毛を売っている人毛専門店が、けっこう繁盛しているのである。

続きを読む

ここから目当ての記事探してね!
「タイのまんま」とは?

Author:INTERNews編集部
「タイのまんま」はタイの(その)まんまをお届けするB級情報サイトです。地球規模のエンターテイメントニュースサイトINTERNewsから「タイ」の情報だけを抜粋し、まとめています。タイに行く方は是非ご購読くださいませ。

人気ブログランキングへ

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。