スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイの風俗産業は日本人のエロオヤジが支えている INTERNews

20080909_09_01.jpg

タイの風俗産業経済を支えるほど、タイには多くの日本人向け風俗が存在している。タイに出張に行ったり、慰安旅行に行ったり、はたまた売春旅行に行ったオヤジたちが、そのようなタイ風俗に通うのである。タイの風俗店は日本の三分の一以下の金額で楽しめるということで、気軽に行けるのが魅力的なのだとか。しかし、恋人や奥さんがいるオヤジたちが自分の娘ほどの年齢の女性をお持ち帰りしてエッチしている実情を考えると、首をかしげずにはいられない。

タイには、いくつかの風俗ジャンルが存在する。日本人のオヤジに人気なのが、日本人向けクラブや、マッサージパーラーだ。日本人向けクラブはバンコクの日本人街といわれているタニヤ通りに多く存在し、タニヤ通りに行けば自分の娘や孫娘と同じくらいの年齢の女性をお持ち帰りしているオヤジたちを見学することができる。

日本人向けクラブで働いているのはタイ人やラオス人の女性だが、日本語を話せる女性が多く、タイ語を話せないオヤジたちでも問題なく口説くことが可能だという。それぞれの風俗店のシステムは以下の通りである。


>記事の続きはINTERNews本サイトをご覧ください!


theme : タイ
genre : 旅行

コメントの投稿

Secret

ここから目当ての記事探してね!
「タイのまんま」とは?

Author:INTERNews編集部
「タイのまんま」はタイの(その)まんまをお届けするB級情報サイトです。地球規模のエンターテイメントニュースサイトINTERNewsから「タイ」の情報だけを抜粋し、まとめています。タイに行く方は是非ご購読くださいませ。

人気ブログランキングへ

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。